古典尺八について-about koten shakuhachi-

尺八とは何か

真竹を使った縦笛で、いわゆる日本の伝統文化として確立されたのは江戸時代です。虚無僧と呼ばれる人々が仏教の修行として吹いていたため、尺八を演奏する事を「吹禅(すいぜん)」とも称します。この虚無僧が修行として吹いていた曲は「古典本曲」として現代に伝わっています。

What is shakuhachi?

It is a bamboo (Madake) flute. People know it as a Japanese traditional culture from Edo period. Back in the day Buddhist monks called “Komuso” played shakuhachi as their zen practice so that playing shakuhachi is also referred as “Sui-Zen”. Those pieces that Komuso monks played has been carried on to this day as “Koten-Honkyoku”.

尺八と瞑想

尺八を吹く事が、なぜ仏教の修行として機能するのか?当然疑問に思われるでしょう。私もそうでした。

調べてみるとわかったのですが、仏教の創始者である釈迦が説いた修行法とは呼吸を使った瞑想でした(原始仏教)。この瞑想によって、感情や物事には実体がなく、実体のないものに執着するのは無意味であることに気づくことで、苦しみから解脱し悟りを開く、ということのようです。

尺八の演奏は慣れてくると吹くというよりも、呼吸というべきものになっていきます。演奏者はその呼吸一つ一つに集中し、なお且つリラックスした状態に身を置くのですが、それは仏教が説く瞑想と驚くほど合致します。

大乗仏教しかなかったと言っても過言ではなかった当時の日本で、虚無僧が原始仏教のことを知っていたとは考えにくいのですが、偶然なのか、元々の釈迦の教えと同じ瞑想を虚無僧が行っていたことは、とても面白いと思います。

Shakuhachi and Meditation

But why could playing shakuhachi be a practice of Buddhism? 

I learned that the very Buddhism practice Shakyamuni Buddha originally preached was a meditation using breathing (Early Buddhism). With this meditation method, Buddha said that you could observe yourself objectively and realize how all the things/feelings are just temporary and there is no need to crave them. Then you will be liberated from suffering and reach the enlightenment. 

In fact shakuhachi playing is surprisingly similar to this meditation. The more you get used to playing, the more you get relaxed and blowing becomes more like breathing. You concentrate on your breathing and use it as a standing ground where you can observe yourself objectively. 

Back in the Edo period and probably even today, Mahayana Buddhism was/is dominant  in Japan. So I would guess that it was just a weird coincidence of Komuso and Early Buddhism. But it actually makes it even more interesting.

地無し尺八と地あり尺八

実は尺八には元々の江戸時代から続くものと、明治になって西洋化されたものとの二種類があります。

現在主流の尺八は、実は明治以降にできた西洋近代化された尺八です。この明治以降の尺八は、竹の中を漆と砥粉を使って平らにします。これを「地を入れる」と言い、そのため「地あり尺八」と呼ばれます。地を入れることで、西洋音階に調律でき、中の凹凸も無くなるので音量も大きく均一になり、音程もとりやすく、楽器としての機能を向上させています。

江戸時代から続く尺八は、この「地」を入れません。そのため「地無し尺八」と呼ばれています。竹の中の節の凹凸が残ったままなので、吹き手は竹に合わせて吹き方を変えなくてはなりません。そのため演奏は難しくなりますが、むしろその「竹に合わせる」つまり「自然に合わせる」というアプローチこそが重要な点です。

現代的な音楽の基準で尺八を作ろうとすると、自然物なのでうまくいかない竹が出てきます。まず真っ直ぐ伸びていない竹は論外ですし、それでもうまくいかない竹はダメな竹として捨てられてしまいます。一方の地無し尺八では基準がそれぞれの竹なので、むしろ面白い形の竹はどんな音がなるのかと楽しくなりますし、高音が安定しない竹があったら無理に高音を出そうとせず、その竹が良く鳴るところを楽しめばいいという考え方なので、人間でいうところの「落ちこぼれ」が出ません。

また地無し尺八の音は小さいので、必然的に周囲の音も耳に入ってきます。つまり周りの環境も尺八の一部ですし、同時に尺八も環境の一部となります。世界は自分だけで成立するものではなく、またそれがどれだけ壊れやすいものなのかも、はっきりと体感できます。自我(エゴ)はだんだんと消えていき、有り難さへの感謝、慈悲心が立ち上ってきます。このような音楽は世界的に見ても相当珍しいと思いますし、もしかしたら地無し尺八だけかもしれません。

現代の尺八を使っても、そういう気持ちで吹けば問題ないかもしれません。しかしやはり道具には向き不向きがあって、例えばヘビーメタルを弾きたいならアコースティックギターよりもエレキギターを使う方がいいのと同じで、昔ながらの尺八をやりたい場合は地無し尺八のほうが向いていますし、J POPなどで尺八を使いたい場合は地あり尺八のほうが向いているでしょう。

尺八の地無しと地ありの話になると、どちらが正しい、間違っているという話になりがちですが、単純に目的が違うだけの話なので、狭い世界でいがみ合うのは避けたいところです。

ちなみに和楽器の堅苦しいイメージの一因となっている流派についても、現在のピラミッド型の流派の形は明治になってからで、元々は地方ごとの違いといった程度のものだったようです。

Ji-nashi and Ji-ari

Not many people know but there are two different kinds of shakuhachi. One is the original Edo-period, and the other is modernized/westernized.

The modernized/westernized one is called “Ji-ari” shakuhachi and it is the mainstream. 99% of shakuhachi players are using Ji-ari.  “Ji-ari” means that the inside bore is coated with clay paste and lacquer to make it smooth. There are no bumps inside so that you can blow the bamboo like a regular flute. It makes it easier to play, tune to the western scale and have a bigger sound. As a result, every “Ji-ari” shakuhachi tend to sound the same and standardized.

The original Edo-period style shakuhachi is called “Ji-nashi”. It’s basically a raw bamboo with 5 finger holes. Every bamboo has a different shape and bumps inside the bore so that you need to adjust yourself to each of them. It makes it harder to play and stay in tune. Plus the sound is smaller because you can’t blow it too hard. 

However, this is the most important part of it all. It is about adjusting yourself to nature not changing nature for your convenience. 

With the modern standard, some bamboos can’t make it to be Ji-ari shakuhachi. Ideally it has to be straight, and if it curves too much, it just gets thrown away. It has to fit right in the mold.

On the other hand, if you want to make and play “Ji-nashi” shakuhachi, it doesn’t have to be perfect. You can just enjoy the relaxing natural sound and unique tone color of each bamboo. Of course some bamboos are hard to play but you just need to find a way to bring the best out of it. There is no underachiever. 

The sound of “Ji-nashi” is so quiet that your surroundings become a part of the music, and also the shakuhachi sound becomes a part of the environment vice versa. Your ego will disappear as you continue playing.

Some people may say that you can play Ji-ari with the same mindset as Ji-nashi. Yes you could, but for example, if you want to play Heavy Metal, you’d better play electric guitar rather than acoustic. In the same way, it’s better to use Ji-nashi to play traditional pieces. If you want to play a pop song, then Ji-ari is the one.

We can choose different tools for different purposes. We shouldn’t fight over which is better or which is right.




現代と尺八

難しい話は抜きにしても、尺八を吹くという、気持ちを落ち着かせる時間、自分と向き合う時間が1日の中にある、というのは単純に良いことだと思います。竹に息を吹き込んで音が出る感覚は、竹との一体感もあり本当に楽しく気持ちが良いものです。人の良い演奏を聴いても心が安まります。年齢に関係なくできるのも魅力です。

音楽的にも、古典本曲はジャズや前衛音楽等にも通じるものがあり、伝統という言葉から連想される古臭いイメージとはむしろ真逆です。一度完全に忘れ去ったものに出会ったとき、それは古いものではなく、むしろ全く新しいものとして目の前に現れるでしょう。

伝統文化はその国、そしてそこに住む人のアイデンティティにも深く関わっています。「落ちこぼれを出さない」、「人間が自然にあわせる」といった価値観を持った地無し尺八が、日本の伝統文化として広く認知されているならば、日本人の生き方や社会の在り方もかなり変わってくると思いますし、そうなると日本だけでなく世界も少し変わってくるのではないかと思います。少なくともこの文化は無くしたくはない、後世に残すべき大切なものだと思っています。

ぜひたくさんの人に尺八の世界を知っていただきたいですし、特に地無し尺八は演奏者人口が少なく風前の灯火です。世界でも類を見ないこの日本の伝統文化を次世代に伝える人が増えて欲しいと切に願っています。

もしご興味を持たれた方は、演奏会や尺八教室にいらしてください。お問い合わせお待ちしております。

Today’s world and shakuhachi

It’s simply fun and relaxing to put your breath into a bamboo and make a sound out of it. It”s definitely a good time to have in your everyday life. Shakuhachi is also one of those rare things that you can do and look even cooler when you get older. 

Even though it’s considered as a traditional music, Ji-nashi shakuhachi sound is avant-garde and referable to jazz or contemporary music. Once you forget it completely, it comes back as a brand new. Now is the time.

Traditional culture is a big part of identity of a person in its country. Most Japanese people don’t know or even care about shakuhachi. Ji-nashi is hopeless. But the perspectives of Ji-nashi such as “No underachiever”, “Adjusting to Nature” and “Disappearing ego” are more important than ever. If Japanese people embrace it as a part of their culture, I believe the society will change for the better. Actually, it is not just about Japan or Japanese people. I think the world needs it right now.

I really want more people to know about shakuhachi especially Ji-nashi. It is literally a dying breed but we can’t let it go. We have to save this precious culture for the future.

If you are interested, please come to my shows or class. I am waiting for YOU!

尺八教室についてはこちら↓
To know more about class