尺八

「虚空」

「別伝 鹿の遠音」

尺八

地無しと地あり

日本の伝統楽器として広く知られている尺八ですが、元々の江戸時代から続くものと、明治になって西洋化されたものとの二種類があることはほとんど知られていません。

現在主流となっている尺八は、実は明治以降の西洋化された尺八です。明治以降の尺八は、竹の中を漆と砥粉を使って平らにします。これを「地を入れる」と言い、そのため「地あり尺八」と呼ばれます。地を入れることで、西洋音階に調律でき、中の凹凸も無くなるので音量も大きく均一になり、音程もとりやすくなります。

江戸時代から続く尺八は、この「地」を入れません。そのため「地無し尺八」と呼ばれています。竹の中の節の凹凸が残ったままなので、吹き手は竹に合わせて吹き方を変えなくてはなりません。そのため演奏は難しくなりますが、その代わり、竹ごとの個性を楽しむことができます。

地無し尺八は「人間が竹にあわせる」、地あり尺八は「竹を人間にあわせる」という違いがあります。

地無し尺八の音はじんわりと空間に馴染んでいくような優しい音で、「尺八だけでなく周りの音も含めて聞かせる」という感じです。人間だけでは完結しない表現や精神性も、地無し尺八の大きな魅力です。

しかし明治以降に三曲(三味線と琴との合奏)が主流になったこともあり、今では地無しを吹く人はほとんどいなくなってしまいました。

本来の日本の伝統文化としての尺八は、楽器というだけでなく、江戸時代の虚無僧という禅の僧侶が悟りを求めて吹いていた法具でした。その虚無僧たちが吹いていた曲が、古典本曲として現在にまで伝えられています。

尺八古典本曲の魅力

尺八古典本曲の魅力は、なんといっても地無し尺八の優しい音色と、音楽でありつつ瞑想でもあるという複合的な深さにあると思います。瞑想の基本は呼吸ですが、それはまさに尺八の呼吸と同じです。精神を呼吸に集中し、自分を客観的に見つめること。

私の師である奥田敦也先生からは、まず呼吸を"気"ととらえ、その息を管の中に吹き込むことで”気"の流れが音に変換する、この音を"気"の表れといい、これが本曲であると教えられました。

堅苦しく考えなくても、尺八を吹くという、気持ちを落ち着かせる時間、自分と向き合う時間が1日の中にある、というのはとても良いことだと思います。竹に息を吹き込み音が出る感覚は本当に楽しく気持ちがよく、またリラックスできます。もちろん自分で吹かずとも人の演奏を聴いても心が休まります。

音楽的にも、私もこれまでありとあらゆる音楽を通過してきましたが、古典本曲はジャズや前衛音楽にも通じるものがあり、伝統という言葉から連想される古臭いイメージとはむしろ真逆です。

竹に合わせるといいう行為も、自然に対し謙虚になれますし、これはなんとしても後世に残しておきたい文化です。

ぜひたくさんの人に古典尺八の世界を知っていただきたく思います。

尺八教室

古典尺八教室

現在居住する場所、新潟県十日町市松代で尺八教室を開いています。ほくほく線まつだい駅から徒歩8分です。
尺八を習いたい、尺八の演奏を聴きたい、という方はお気軽にお問い合わせください。

尺八製作も行っております。地無し尺八が欲しいという方もご連絡ください。

メールにてご連絡お待ちしております。

上に飛丸